【動画】全焼した木造アパート=高橋伸竹撮影
[PR]

 15日未明、鹿児島市で木造アパートが全焼する火災があり、焼け跡から4人の遺体が見つかった。鹿児島県警によると、アパートに住む2世帯計4人と連絡がついていないといい、遺体の身元や4人の所在を調べている。

 県警と市消防局によると、4人の遺体が見つかったのは、鹿児島市谷山中央4丁目のアパート「中央ハイツ」。15日午前1時20分ごろ、「煙が出ている」と近隣の人から119番通報があり、木造2階建てのアパート約370平方メートルと、隣接する木造2階建て住宅約110平方メートルが全焼し、約1時間10分後に鎮火した。

 県警によると、15日朝までに焼け跡から4人の遺体が見つかったという。アパートに住む別の世帯の女性1人も搬送されたが、命に別条はない。

 アパートには8世帯が住んでいたとみられるが、何人が居住していたかは不明。避難して無事だった住民によると、不明となった1世帯は40代の女性と、10~20代の娘2人がいるという。

 現場はJR指宿枕崎線の谷山駅の南約1キロの住宅街。