合格はちまき天日干し=金子淳撮影
[PR]

 学問の神様・菅原道真公をまつる防府天満宮(山口県防府市)で15日、「合格はちまき」の天日干しが始まった。50年ほど前から続く冬の行事。

 寒空の下、5人の巫女(みこ)が一枚ずつ干しているのは、今年春に合格した受験生から返納された鉢巻き。「合格をありがとう」などのお礼の言葉のほか、「自分を信じて」「睡魔に負けるな」など、後輩へのメッセージも書き込まれている。

 今年は約3500枚が集まった。目前に迫った次の受験シーズンで合格祈願に訪れる参拝者に、無料で配布する。遠方の希望者には郵送もするという。(金子淳)