[PR]

 14日に投開票された衆院選をテレビ各局は特番で伝えた。公示前、自民党が在京キー局に報道の「公平」を求める文書を送り、政権との距離感も問われた。大勝した安倍晋三首相に限られた時間で切り込み、視聴者にアピールしたのはどこか。記者が見比べた。

 事前取材のVTRで選挙戦を振り返る伝統的な手法で報じたのはTBS。注目選挙区のルポをいくつも伝えたが、視聴率は4・2%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)と伸び悩んだ。

 民放で最も支持を集めたのはテレビ東京だった。2012年の衆院選、昨年の参院選に続き、元NHK記者の池上彰氏をメインキャスターに据え、視聴率は民放同率トップの11・6%(同)。池上氏が女性アナウンサーを連れて注目の候補や場所を訪ねるバスツアーを実施。年に800回も通夜に参列するという議員生活を紹介したり、政治資金収支報告書の「コンパニオン代」についてカメラの前で本人にただしたり、「面白くてためになる」工夫があった。

 各局が持ち時間6分間の中継時間で競った安倍首相へのインタビューでも、池上氏は集団的自衛権などのテーマで首相に突っ込んだ。やり取りの最後に「憲法改正を進めていくということですね」と念押しし、「そういうことです」と認めさせた。

 最も鋭さを感じさせたのは、嵐の櫻井翔さんら芸能人を並べて一見軟らかい作りに見えた日本テレビ(同10・1%)だ。村尾信尚キャスターは経済が上向くと説明する首相に対し、「定性的な表現はやめて数字で語らないと、『この道しかない』と言われても我々は渡れない」と迫り、色をなした首相は「村尾さんのように批判しているだけでは変わらない」と発言。問いかけに耳を貸さずに自説をぶつ首相を冷静に見る村尾氏の表情にも、息詰まるものがあった。

 解散から1週間でみると、衆院…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも