[PR]

 大韓航空の趙顕娥(チョヒョナ)・前副社長が乗客として自社の旅客機に乗った際、ナッツの出し方に激怒して搭乗口に引き返させた問題で、韓国国土交通省は16日、航空保安法違反(乗客の協力義務)の疑いで検察当局に告発すると発表した。調査の結果、客室乗務員らへの暴言が確認されたという。

 国交省は今後、大韓航空に運航停止か課徴金を科すことも明らかにした。具体的な処分内容は行政処分審議委員会を開いて決める。

 一方、趙氏が、機内サービスの責任者だった事務長の手の甲をマニュアルのケースの角で数回突いた、という暴行疑惑については、確認できなかったとした。今後、検察当局の判断にゆだねると説明した。

 趙氏をめぐってはすでに市民団体が検察に告発している。趙氏は17日にも検察に出頭し、事情聴取を受けるとされている。

 趙氏は今月5日、ニューヨークの空港で、客室乗務員のナッツの出し方に激怒した。旅客機は滑走路に移動していたが、搭乗口に引き返させて、機内サービスの責任者だった事務長を降ろして出発させた。騒動は「ナッツ・リターン」と呼ばれ、趙氏の振る舞いに怒りが広がっている。(ソウル=東岡徹