[PR]

 患者や面会者らが病院職員に対し、暴言や殴る蹴るなどの暴行をする「院内暴力」。長岡赤十字病院(長岡市千秋2丁目)は16日、長岡署と協力して対応訓練を開いた。警察を交えた県内では初の試みだ。訓練の背景には、相手が患者であるという難しさがあるという。

 「院内暴力対策シミュレーション」と題された訓練は、署員が扮する患者が透析室で看護師を蹴り、暴言を浴びせるとの想定で行われた。約100人の職員が見守った。

 訓練では、近くの職員が2人を引き離し、応援の職員を呼んで患者を押さえた。暴力が収まらない場合はちゅうちょせずに110番通報をする、といった対応を確認した。

 同病院では、昨年度までの4年…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら