[PR]

 史上初めてJ1復帰1年目で3冠獲得を達成したサッカーのガ大阪。長谷川監督が指揮して2季目。J1リーグ、ナビスコ杯と天皇杯、なぜ全てを取れたのか。守備の安定、貫いた采配、トレーニング理論の3要素が3冠の源だ。

 ピッ。「ストップ」。ゲーム形式の練習中、短い笛が鳴り、長谷川監督がプレーを止める。そして、選手と一緒に動き、「こういう場面はこのポジション」と細かく指示する。守備の連係で気になることがあると、度々見られた光景だ。

 ガンバの看板は攻撃サッカー。2005年リーグ初優勝から08年のアジア・チャンピオンズリーグ(ACL)制覇までが全盛だった。当時を知る元ガンバの選手は「練習はほとんどゲームだけ。守備の組織練習はしなかった」。だが、2年前は攻撃の陰に隠れていた守備のもろさが露呈し、リーグワースト2位の65失点でJ2に降格した。

■無失点は1…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら