[PR]

 制服姿の女子高生らにサービスをさせるJK(女子高生)ビジネスについて、警視庁は、これまで「18歳未満」としていた補導対象の少女に「18歳の高校生」を加える。来年1月から運用を始める。

 東京・秋葉原を中心に、客と散歩する「JKお散歩」や客の手足をもむ「JKリフレ」を売りにした店舗が目立っていたことを受け、警視庁は昨年、リフレ店などで働く18歳未満の少女を補導対象にした。一方、秋葉原で今月行った調査では、11店に18歳の高校3年生が38人在籍していたことを確認。店側が摘発を逃れるために18歳以上を雇う例が増えていたため、対象を広げる必要があると判断した。

 少年育成課によると、補導は主に非行防止が目的。飲酒や喫煙、無断外泊など17項目が「不良行為」に指定されている。親などに連絡した上で、補導歴として記録が残る「少年補導票」をつくる。補導対象となる行為や年齢は各地の警察が独自に加えられる。(津田六平)