[PR]

 迷子になり神奈川県警平塚署に保護されたケヅメリクガメの「やまねさん」が18日、JR平塚駅前で自転車の事故防止呼びかけキャンペーンに参加、署員らと「カメのようにゆっくり走ろう」と呼びかけた。

 やまねさんは9月下旬、飼い主の二見梢さん(34)宅からいなくなったが、翌日、近所で通行人が発見。同署で保護され、キャベツなどをもらい一晩を過ごした。同署から事故防止呼びかけの協力を打診され、一宿一飯の恩返しをと快諾したという。一緒にキャンペーンに参加した二見さんは「僕と一緒にゆっくり走ろうね、と言っているようです」。