[PR]

 理化学研究所は19日、小保方(おぼかた)晴子研究員(31)が11月末まで取り組んできたSTAP(スタップ)細胞の検証実験で、「存在の確認に至らなかった」と発表した。来年3月末が期限の理研の別チームの実験でも確認できなかったことも発表。理研として実験を打ち切ることを決めた。小保方氏は15日に退職願を提出し、理研は21日付で退職を認めることにしたという。

 小保方氏は7月から、監視カメラ付きの部屋で、第三者の立ち会いのもと検証実験を実施。マウスの体の細胞を弱酸性の液体などで刺激したが、万能細胞特有の遺伝子の働きが論文に記載されたようには十分に検出されなかった。論文では成功したことになっていた細胞を胚(はい)に注射して万能性があるかを調べる実験も、1615個の細胞の塊で試したが、成功しなかった。

 理研の丹羽仁史チームリーダーらが4月から取り組んだ実験でも、「論文に記載された方法ではSTAP細胞は作れなかった」という8月の中間報告から進展しなかった。理研の坪井裕理事は「科学的な判断を踏まえ、理研としても3月までとしてきた(検証実験の)計画を終了する」と話した。検証実験の費用は、小保方氏の実験室改装に550万円かかったため当初の予定を上回り、計1500万円になった。

 世界中の研究者が再現を試みても「STAP細胞」は作製できず、論文は7月に撤回され、科学的根拠は失われていた。期限を前倒しして実験を終えた理由について、実験の統括責任者の相沢慎一特任顧問は「これ以上実験することは検証実験の範疇(はんちゅう)を超える」と説明した。

 論文で「STAP細胞」とされ…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら