[PR]

 理化学研究所は19日、小保方晴子氏が12月21日付での退職願を提出したことを明らかにした。提出は15日。理研は認めるという。

 一方、小保方氏は4月に研究不正が認定され、懲戒処分の対象になっている。理化学研究所広報室によると、現在進行中の調査委員会の結論が出て以降、懲戒委員会での検討を再開するという。「退職した職員に直接処分をすることはできないが、懲戒処分を公表することで、処分に相当する効果を持つと考えている」(広報室)としている。

 小保方氏は19日、退職願提出にあたってのコメントを理研を通じて出した。全文は以下の通り。

     ◇

 どのような状況下であっても必ず十分な結果をと思い必死に過ごした3カ月でした。予想をはるかに超えた制約の中での作業となり、細かな条件を検討できなかったことなどが悔やまれますが、与えられた環境の中では魂の限界まで取り組み、今はただ疲れ切り、このような結果にとどまってしまったことに大変困惑しております。

 私の未熟さゆえに論文発表・撤回に際し、理化学研究所をはじめ多くの皆様にご迷惑をおかけしてしまったことの責任を痛感しておりおわびの言葉もありません。検証終了をもって退職願を提出させていただきました。最後になりますが本検証実験にあたり検証チームの皆様はじめ、ご支援・応援してくださった方々に心より御礼申し上げます。

2014年12月19日 小保方晴子