[PR]

 高病原性鳥インフルエンザは何が原因で発生し、農家や消費者はどう対応すればいいのか。宮崎大産業動物防疫リサーチセンター長の三沢尚明教授(57)=獣医公衆衛生学=に聞いた。

 ――延岡市北川町の養鶏場での感染原因は

 H5N8亜型なので朝鮮半島を経由した渡り鳥が運んできた可能性が高い。カモ類はすべてではないが、もともと鳥インフルのウイルスを持っている。それがふんなどを通じて他の水鳥や鶏に入り、変異を起こして高病原性になる。

 北川町の鶏舎は管理がよかった…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら