[PR]

 米ソニー・ピクチャーズエンタテインメント(SPE)が大規模なハッキングを受けていた問題で、米連邦捜査局(FBI)は19日、「北朝鮮政府に責任があると判断するのに十分な情報を集めた」と発表した。サイバー攻撃と位置づけ、「深刻に憂慮をしている」と述べた。

 FBIは発表で「SPEに対する北朝鮮の攻撃は、サイバー攻撃が米国の安全保障に対する最も重要な危機の一つであることを裏付けている」と述べたうえで、「北朝鮮の行動は米企業に深刻なダメージを与え、米国市民の表現の自由の権利を抑圧することが目的だった。このような脅迫は国家として許される行為の外にある」と位置づけた。

 11月にハッキングされたSPEはその後も、北朝鮮の金正恩(キムジョンウン)第1書記の暗殺を描くコメディー映画「The Interview」をめぐってハッカー集団から脅迫を受けていた。映画公開に合わせてテロ行為を起こすという脅迫もあり、映画館が相次いで上映を見合わせ、SPEも25日に予定していた公開を中止した。(ニューヨーク=中井大助

こんなニュースも