【動画】記念Suicaで大混雑、販売停止 東京駅100年=日吉健吾、中村貴洋撮影
[PR]

 JR東京駅で20日朝、開業100周年記念の「Suica(スイカ)」が売り出された。赤レンガの丸の内駅舎をデザインし、1枚2千円。駅前には9千人以上の列ができ、予定の午前8時より45分早く販売を始めた。

 JR東日本は1万5千枚を用意したが、午前9時40分ごろに混雑が激しくなり、安全面から販売を中止。日を改めて販売するとしている。正午ごろには駅丸の内南口前に100人以上が集まり、JR社員に「なぜ買えないのか」と詰め寄る混乱もみられた。

 1番で購入したのは、19日午前5時半から並んだという東京都板橋区の男子高校生(17)ら。折りたたみイスで仮眠を取りつつ、重ね着で寒さをしのいだ。Suicaを眺めながら「寒かったけど待ったかいがあった。手に100年の重みを感じる」と話した。