朝日新聞社による慰安婦報道について検証する第三者委員会(中込秀樹委員長)が22日、報告書を公表し、記者会見した。

 中込委員長は今年8月に慰安婦報道の検証記事を掲載した際、謝罪をしなかったことについて「経営側の判断でことがすすめられた。かなり上層部で決められた」と指摘した。

 池上彰氏のコラム掲載を一時見合わせた問題については、「(これまでの)朝日の説明と私たちの認定に若干食い違いがあった。池上さんに記事をこのままでは掲載できないと言った時点で(連載が)打ち切りになるというのは関係者には明らかだった」と述べた。

     ◇

 第三者委の会見での主な発言や質疑は以下の通り。

 中込委員長「(朝日新聞の報道が国際社会に与えた影響については)必ずしも全員同じ意見ではないが、それぞれこの委員会の意見ということで、そのまま並列で載せている」

 「基本的には編集は編集として記事をつくり、経営は介入しないのが基本的な原則だろう。介入するという時には第三者の意見を聞くべきではないか」

 「今回の検証記事は読者のためというより、様々な攻撃が販売店その他に大きな影響を与え、社として対処したいという自己防衛が強く出て、記事の内容にもにじみ出た」

 ――慰安婦問題の本質をどう考えるか。

 岡本行夫氏(外交評論家)「前線の兵士の性欲を満たすために女性を連れて行く。その制度を是認する人はいないでしょう」

 林香里氏(東京大院情報学環教授)「一番大変だったのは被害者、それを忘れないようにしたい。本質とは何かとの問いそのものが全体を難しくして、解決を遅らせている部分がある」

 北岡伸一氏(国際大学学長)「(元慰安婦の女性が)大変な苦汁をなめられたのは大変遺憾だが、その感情に寄り添うだけでは問題は解決しない」

 波多野澄雄氏(筑波大名誉教授)「90年代に(慰安婦問題が)論じられるようになってから、(日韓の)二国間の問題であるかのような非常に狭い範囲で議論が続いてきた。国際的な議論から、かけ離れてきたような気がしている」

 ――「歴史修正主義の息づかいを感じて、不快であった」と(報告書に)書いている。

 保阪正康氏(ノンフィクション作家)「朝日新聞への批判は当然だと思うが、一部の批判の中に問題のすり替えがあり、私はあえて『歴史修正主義』という言葉を使った。朝日がすべての慰安婦問題の根幹をなしているというのは、まったくの筋違いじゃないか」

 ――国際社会への影響について。

 林氏「影響があったか答えを出すことは大変難しい。メディア論としてもいろんな議論がある。報告書に書いたので、私の意見として読んでいただければ」

 ――政府を不必要に批判し続けると対立する他国を利し、日本国民が不利益を受けることもあると(北岡氏は)指摘している。

 北岡氏「権力監視はメディアの最も大切な役割だ。ただ、権力を批判するだけだと時には他国に塩を送ることもあり得る。基本的に権力批判は正しいものという思い込みがあるのでは。国際社会が緊密に入り組んだ状況では、もう少し慎重であるべきではないか」

 田原総一朗氏(ジャーナリスト)「権力批判だけしていてよいのかという問題は世代によって違う。僕らの世代には、小学校はあの戦争は聖戦だと教え、中学は戦争に絶対反対しろ、高校は反対するやつは共産党だという。やはり政府の言うことは信用できない」