[PR]

(全文と動画をご覧いただくには、会員登録が必要です)

 母が木製品などに絵を描くトールペイントの教室をしていた影響で、幼い頃から絵は身近な存在でした。家の壁には母の作品がいっぱい飾られていました。ノートだったり、広告のチラシだったり、真っ白な紙を見つけては落書き。小学生の頃も、休み時間は外で遊ぶよりも教室で女の子や動物の絵を描いていました。

 好きなことを学びたいと、高校は美術科に進学。1年生で油絵や日本画など一通り学び、専攻はデザインを選びました。絵は同じお題でも、作品の色づかいや描き方がまったく違い、同じ構図でもタッチが人によって変わるのでおもしろいし、不思議に感じました。同級生らは絵がうまくて、刺激をもらっていました。

 先生からは「深川のデッサンは…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

関連ニュース