[PR]

 県央で進める国の「さがみロボット産業特区」をアピールしようと、県は「鉄腕アトム」や子どもの写真でドア付近をラッピングした電車をJR相模線で走らせる。モデルとなる子ども約200人を募集する。

 「アトムトレイン」と名付けられる4両編成の電車が走るのは、茅ケ崎駅から横浜線の八王子駅までの間で、来年3月から約半年間。特区のイメージキャラクター「鉄腕アトム」に加え、ロボットをつくる博士に扮した白衣姿の子どもが「未来のロボット」の夢を語る写真でドアの両側をラッピングする。

 募集するのは県内に在住・在学する小学生以下の子どもで、特区のウェブサイト(http://sagamirobot.com/別ウインドウで開きます)などから来年1月15日までに応募する。応募の際には、「こんなロボットをつくりたい」というアイデアの記入も必要。撮影会は、1月24日に県本庁舎、25日に海老名市役所で。

 応募多数の場合は、アイデアを…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら