[PR]

 東九州自動車道の北九州市から宮崎市まで約320キロの開通に向け、工事が着々と進んでいる。年度末にかけて大分などで開通が相次ぎ、残すは地主の反対で用地が確保できない福岡県豊前市のミカン園の区間だけとなる。開通は沿線住民の長年の悲願。土地は強制収用手続きが進み、ミカン農家の反対運動は岐路に立たされている。

 豊前市の国道10号から南西に約1キロ。山の緑を削るように南北から延びてきた新しい道路用地が突然、途切れる箇所がある。わずか約220メートル。建設に反対する岡本栄一さん(68)のミカン園が広がる。

 岡本さんは1999年、父の代からの12ヘクタールのミカン園が高速道建設で分断されることを知り、事業の不当性を訴えて反対運動を続けてきた。2001年には「現行ルートは割高。山側を通すルートの方が環境が守られ、費用も半額以下」と代替案を示した。

 それから13年。事業認定取り消しを求めた訴訟は今も続くが、高速道は足元まで迫ってきた。

 「開通に期待する沿線住民には本当に申し訳ないと思っています」と岡本さんは語る。反対を表明した当初は無言電話が続いた。自身のブログには「さっさと収用されてしまえ」といった書き込みも相次いだ。集会や講演会に参加するなどした日には、自宅そばで爆竹が打ち鳴らされることもある。「補償されるよりミカンを作り続けたいだけなのに」

 岡本さんと支援者が所有するミカン園約1・6ヘクタールの補償額などは、8月の県収用委員会の9回目審理で審議が打ち切られた。収用委が求めた補償希望額を岡本さんが示さなかったのが理由。岡本さんは反発したが、結果は覆らなかった。

 東九州道は12月に供用を始めた行橋―みやこ豊津間を含め、来年3月にかけて福岡、大分両県で3カ所が開通する。これで岡本さんのミカン園がある椎田南―豊前間を除き、北九州市から宮崎市までがつながる。

 西日本高速道路は当初、来年3月までに北九州市―宮崎市間を開通させる予定だったが、岡本さんの土地取得のめどが立たず、今年4月に「1年延期」を発表した。

 岡本さんは「結局は補償金で決着させるということを繰り返していては公共事業のあり方も社会も変わらない。このままではコストや環境の論議が不十分なまま強制収用されてしまう」と訴える。

 収用委は現在、補償額や土地明け渡し期日を記した裁決書を作成中。近く岡本さんらに送るとみられる。明け渡しがなければ、土地は強制収用される流れだ。

■自治体間…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら