【動画】モデル・中村アンさんから受験生へ=戸田拓撮影
[PR]

 中高一貫の目白学園(現・目白研心中学・高校)に通っていて、高校に進んだ時、チアリーディング部顧問の女性の先生に、強く入部を勧められたんです。中2の時、日本一になっているのを間近で見ていたので興味はあったんですが、正直迷いました。

 チアは厳しいことで有名だったからです。部活紹介でも人気だけど、入部希望者は少ない。仮入部の時点で20人くらい。で、半分やめちゃう。

 1年生は45分前行動。当然、メイクも携帯もスカートを短くするのも禁止。髪は結ばなきゃいけないし、男子校の文化祭にも行っちゃいけない。下校時の寄り道、買い食いやプリクラもだめ。高校時代の楽しそうなこと、全部捨てないといけないんです。

 迷っている時、先生に「学生の時にしかできないことをした方がいい。髪は卒業してから染められる。一つを得るためには、何かを犠牲にしないといけないよ」って言われたんです。

 もう一つ。うちの高校は全国でも強豪だったので、3年生の夏の大会で上位に入ると、大学へのスポーツ推薦枠がもらえる可能性があったんです。大学には行きたかったので、「遊べなくても、最後までやり切れば得るものはある」と決心しました。

私たちだけに見える世界がある

 先生より先輩が怖かったです。ほんと、1年生の時は地獄でした。ドラマのようなことが実際にあるんです。空の弁当箱の中に携帯入れてないか検査とか。反省文も。連帯責任で、帰り道にスポーツドリンクを飲んだのが見つかった子がいて、ミーティングになったこともありました。

 ま、上の学年になったら自分も同じことやりましたけど(笑い)。3年の時はキャプテンだったこともあり、制服やカバンを持っていることで学校を背負っている、強くあるためには規則を守らないといけない、という考え方には、ある程度納得してました。

 基本的に1軍と2軍の2チーム。大会前、一人一人オーディションして点数をつけられ、上位16人までが1軍になります。私は運良く、早い段階から1軍でやらせてもらっていたんですが、一度落ちました。油断してたんですね。2軍の人の「抜かしてやろう」という気持ちを知らなかった。これは、芸能界にも通じる経験です。

 チアで一番大事なのは、切り替えです。フィギュアスケートと似たところがあって、目指すのはノーミスで、そこから減点されていく。組体操みたいにタワーを作る時、崩れたとしても音楽は続く。「もうノーミスじゃないんだ」という気分になって最後まで崩れてしまうか。踏ん張って食い止めて立ち上がるか。笑顔になれるか。それが大事。

 ミスが気にならないくらいすばらしいものが作れる時もある。みんなが一体になれた一瞬、私たちだけ味わえない世界をみているって思えて、やみつきになるんです。

1人欠けて挑んだ全国大会

 私たちの場合、最後の大会で最大の試練がやってきました。準決勝・決勝の1週間前、上に乗る選手が骨折して、15人になっちゃったんです。切り替えが大事だとわかっていても、その時は「あっ、もうだめだ」ってなっちゃった。1人いないと、演技の難易度は低くなる。「先輩たちが立ち続けていた決勝の舞台にいけない、汚点だ」と想像して。みんなのやる気がなくなりかけました。

 その時、先生に「親やチームに入れなかった人や卒業生、支えてくれた人のことを考えなさい。決勝に残れないとか、結果についての弱音だけの浅はかな気持ちで考えちゃだめ」と言われました。

 そこは素直だったのか、「そうかーそうだよなー」と単純に思いましたね。全力を出すことにがんばればいいと言われて楽になった。翌日から、15人での演技をひたすら練習しました。へこんでる時間がないことで気持ちが一つになった。

 準決勝を通過して、NHKで放送される決勝に出場を決めた演技は、ミスがなかったわけではないけど、出し切れました。いつも以上に力を出そうとするのではなく、今まで練習でやってきたようにできたんです。

ミスしても、切り替えて

 今から思えば、頭がいい人は、それを生かして受験する。私は、チアが強い高校に入ったことを生かして進学するチャンスがあるので、「それが勉強」と思って、決心を揺らがせずやり通した。その毎日が、最後の「練習は本番のように。本番は練習のように」という演技につながったのかなと思います。

 私は入試テクニックについて、具体的なアドバイスはできませんが、チアの経験と通じるのは「切り替え」だと思います。解けない問題があった科目の後半20分、ミスしちゃった1日目。切り替えて最後までやり切ること。そこは、自分次第なんじゃないかな。がんばってください。(聞き手・小林恵士)

     ◇

 なかむら・あん 東京都出身。目白学園高校(現・目白研心高)から東洋英和女学院大学に進学。高校から大学まで、チアリーディング部に所属していた。現在は、女性ファッション誌「andGIRL」のレギュラーモデル。テレビのバラエティー番組でも活躍している。27歳。

こんなニュースも