[PR]

 産経新聞社は24日、6日付朝刊で載せたジャーナリストの江川紹子さんの談話について、本人の承諾を得ずに作成したとして記事を取り消した問題で、執筆を担当した東京社会部記者を出勤停止10日間とするなど関係者6人を処分した。いずれも24日付。

 広報部によると、ほかに編集担当の飯塚浩彦常務取締役が減俸処分、小林毅執行役員東京編集局長ら4人が減給処分。

 同社が取り消した談話は、朝日新聞社の新体制発足を報じる記事の中で載せた。