[PR]

 元内閣府政務官の島尻安伊子参院議員(49)が代表を務める「自民党沖縄県参院選挙区第2支部」が昨年6月、取材で出張中だったTBS記者のホテル宿泊代を政治資金から支出していたことが25日、2013年分の政治資金収支報告書や島尻事務所への取材などからわかった。

 島尻事務所によると、TBS記者から同県名護市辺野古を取材したいと相談があり、事務所でホテルを予約。宿泊費を政治資金から支払った。報道機関からの問い合わせを受け、23日にTBS側から代金を受領したという。「記者の宿泊費の精算を失念していた。今年の報告書に記載して報告したい」としている。

 収支報告書によると、組織対策費の項目に昨年6月24日付で「宿泊代」として名護市のリゾートホテル「カヌチャベイリゾート」への1万5千円の支出が記載されている。

 TBS広報部は「調査の結果、弊社社員の沖縄への出張取材にあたって、宿泊ホテル代を適切に精算していなかったことが判明しましたので、先日、代金をお支払いしました。今後、記者教育を徹底して参ります」と話している。

こんなニュースも