[PR]

 青春時代を宮城で過ごした俳優、菅原文太さんが逝って28日で1カ月。仙台一高の1年後輩で、長く親交を続けてきた憲法学者、東北大・東大名誉教授の樋口陽一さん(80)が、惜別の文を寄せた。

     ◇

 沖縄県知事選挙を前にした文太さんの呼びかけの映像を繰り返し見ている。そう、その日の地鳴りのような盛り上がりが翁長新知事を生む決定打になったという、その呼びかけである。投開票日と重なった11月16日、私は会津若松の市民集会で、対論相手だったはずの文太さんの不在を気づかっていた。2日前ご本人から、腰痛ひどく不参のことを詫び、友人の佐高信さんに急な代役を頼んだと電話があったのだった。

 沖縄の日刊紙を自宅でとってい…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら