[PR]

 なぜ怒号は飛んだのか。JR東日本が20日、東京駅で売り出した「東京駅開業100周年記念Suica(スイカ)」に購入希望者が殺到し、途中で販売をやめた問題。混乱に至るまでを振り返る。

購入希望「最大5千人と」

 JR東は、当日の購入希望者を最大5千人とみていた。ただ広報担当者によると、この予測は、1人3枚の購入制限を設けていたため、5千人が来れば予定の1万5千枚が即日完売すると、単純に「逆算」したに過ぎないという。

 販売窓口は、丸の内駅舎内の南…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら