[PR]

 重度の男性身体障害者に性的な支援をする一般社団法人ホワイトハンズ(新潟市西区、坂爪真吾代表理事)が、公益財団法人「社会貢献支援財団」(東京都港区、安倍昭恵会長)から社会貢献者として表彰された。坂爪代表は「今までやってきたことが認められて良かった。障害者の性の問題に取り組む人たちのために、道を開けたことがうれしい」と話している。

 ホワイトハンズは2008年発足。重度の男性身体障害者の射精の介助をしている。坂爪代表は新潟高から東大文学部に進み、ジェンダー研究の第一人者、上野千鶴子氏のゼミで社会学を学んだ。介護職の経験もある。

 人権の観点から、年齢や性別、障害や病気の有無に関わらず、「あらゆる人が性に関する尊厳と自立」を維持できる社会を理想と考える。しかし、障害者福祉や医療の現場でなかなか性の問題が議論されないことに違和感を感じ、ホワイトハンズを立ち上げた。

 思いはなかなか伝わらず、新潟…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら