[PR]

阪神大震災20年

 阪神電鉄の山中勝(まさる)助役(64)は、宿直していた石屋川車庫(神戸市東灘区)から歩き始めた。運行ダイヤを見ると、新在家(しんざいけ)駅と大石駅の間で、運転中の列車があった。高架橋が落ち、線路と枕木がはしごのように宙に浮いた部分をはってたどり着くと、脱線した電車の脇で、乗客がうずくまっていた。

 「怖い。よう下りん」

 「はよ逃げなあ…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら