[PR]

 東京大学の加藤茂明元教授の研究グループによる不正論文に関わり博士論文を捏造(ねつぞう)、改ざんしたとして、徳島大学は26日、北川浩史(ひろちか)・元東大特任講師に授与した博士の学位を取り消した、と発表した。

 徳島大によると北川氏は1997年に徳島大学病院に勤務。加藤元教授の研究室に所属していた2002年3月に学位を取得した。

 だが、13年に東大の調査で画像の切り貼りなどの不正が発覚。今年になって北川氏の論文が撤回され、8月に東大も改ざん、捏造を認定したことから、今月22日に学位の取り消しを決めた。