[PR]

 大手ビールメーカーが、レモンやトマトの風味を加えたビール風の発泡酒を相次いで発売している。若者や女性の好みに合わせ、ビール離れに歯止めをかけようとしている。

 キリンビールは昨年11月、イタリア・シチリア産のレモンで香りをつけた「フレビア レモン&ホップ」を発売した。300ミリリットルの細身の瓶入りで、税込み213円だ。20~30代を狙い、全国のセブン―イレブンやイトーヨーカドーで売っている。今後、他のコンビニやスーパーで扱ってもらうことも検討している。

 サントリービールも今年3月、レモン風味の「ラドラー」(275ミリリットル瓶、250円前後)を売り出す。

 アサヒビールは昨年1年間で6種類の「ビアカクテル」を投入した。一番人気はカゴメのトマト果汁を加えた「レッドアイ」(350ミリリットル缶、205円前後)。飲食店向けには、乳酸菌飲料をビールに加える飲み方を提案している。

 発泡酒や第3のビールも含めたビール系飲料の国内市場は販売が伸び悩んでおり、2014年まで10年連続の前年割れが確実視されている。(下山祐治)

こんなニュースも