[PR]

 上総大久保駅から養老川を下った千葉県市原市の山中に、話題のパワースポットがある。地球のN極とS極が逆さまだった名残の「磁場逆転地層」。元高校地学教師の堀内正貫さん(73)に案内してもらった。

 同市田淵地区の集会所から林を分け入り養老川へ。長靴を履いて進んだ先に見えてきた崖面に緑、赤、黄色のタグが下がる。それぞれ現在と同じ磁極、逆磁極、磁極が定まらない地層を示すのだという。

 「46億年の地球の歴史の中で…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

2種類有料会員記事会員記事の会員記事が月300本まで読めるお得なシンプルコースはこちら

こんなニュースも