[PR]

 北朝鮮の国防委員会政策局報道官は27日、北朝鮮のインターネットサイトが一時的にダウンしたことに初めて言及し、「米国が妨害し始めた」と非難した。さらに、米国で金正恩(キムジョンウン)第1書記の暗殺を描いたコメディー映画が劇場公開されたことについて、オバマ大統領を激しく批判した。

 北朝鮮では、複数のインターネットサイトがここ数日、一時的に接続不可能になる状態が続く。韓国の聯合ニュースによると26日夜から27日にかけても、一部のサイトがダウンした。

 北朝鮮は27日の国防委政策局報道官談話で「米国が恥も知らずに、わが国の主要メディアのインターネット稼働を妨害し始めた」と指摘した。だが、その具体的な根拠は示さなかった。

 一方、正恩氏暗殺を題材にした…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも