[PR]

 東日本大地震で町が被災した岩手県立大槌(おおつち)高校(大槌町)と、希望ケ丘、湘南、川和の県内3県立高校の吹奏楽部員らによる合同チャリティーコンサートが27日、横浜市西区の県立音楽堂で開かれた。4校の計約240人のハーモニーに、約750人の観客から大きな拍手が送られた。

 津波被害の大きかった大槌に音楽ホールを造る「槌音プロジェクト」に賛同する演奏会。県内3校で2012年12月から毎年開き、今回初めて大槌高吹奏楽部の13人を招いた。

 4校の吹奏楽部で、復興応援曲「A Song For Japan」や、大槌町沖の島がモデルと言われる「ひょっこりひょうたん島」など計7曲を演奏。最後は湘南と川和の合唱部員も加わり、ハーモニーやダンスを披露した。

 現在も仮設住宅から通学してい…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら