[PR]

 29日午前10時55分ごろ、大阪市生野区勝山北5丁目の無職上原永子さん(80)方で、上原さんと次女の玉子さん(47)が倒れているのを訪れた介護施設の職員が発見した。110番通報で生野署員が駆けつけたところ、2人ともすでに死亡していた。脳性まひで寝たきりの玉子さんを上原さんが介護していたといい、署は上原さんが突然死亡した後、玉子さんも亡くなったとみて調べている。

 署によると、上原さんは玉子さんと2人暮らし。上原さんは風呂場の湯船につかった状態で、玉子さんは和室のベッド脇で死亡していた。ともに目立った外傷はないという。

 近くに住む長女(51)の署に対する説明では、上原さんは普段、玉子さんと一緒に入浴。玉子さんを風呂から出して自分で靴下などをはかせている間に、もう一度入浴していたという。署は、この間に上原さんが死亡し、介護を受けられなくなった玉子さんが衰弱した可能性があるとみている。今後、司法解剖して詳しい死因を調べる。

 玉子さんは平日のほぼ毎日、近くの施設のデイサービスを利用していた。26日朝には、上原さんから「今日はデイサービスに行くのを休む」と連絡があったという。2人はその後、死亡したとみられる。

 現場はJR大阪環状線鶴橋駅か…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら