[PR]

 笑う門には福来たる――。新年を前に福岡県柳川市の日吉神社の参道に巨大なお多福面がお目見えし、「ご多幸」を求めて、口をくぐる参拝客が訪れている。

 お多福面は縦横5・2メートル。鉄骨で型をつくり、ほおの丸みを竹材で表現、表面に和紙や布を貼り付け仕上げている。

 妻と参拝した山口県の会社員、平沼耕司さん(39)は「福の口元に入り福が来そうです」とほほえんだ。山口祥子宮司(71)は「笑顔が笑顔を呼ぶ。そんな明るい年であってほしい」と話す。2月11日まで設置。(池田良)