[PR]

 戦後70年。

 アジアや太平洋の戦場で、灯火管制下の都会で、疎開先の田舎で、多くの人たちがあの戦争を経験した。

 その人たちが少しずつ世を去るとともに、社会が共有してきた記憶は薄れ、歴史修正主義とみられる動きも出てきた。

 だが、日本が国際社会で生きていく以上、そうした態度を押し通すことはできない。70年かけて築いてきた国内外からの信用を損なうだけだ。

「未来志向」とは

 戦後70年にあたり、安倍首相は新たな談話を出すという。50年の「村山談話」、60年の「小泉談話」に続くものだ。

 アジアだけでなく、欧米諸国も注目する談話の中身は、まだわからない。しかし、首相が繰り返し「未来志向」を強調するのが気がかりだ。

 首相は過去2年の全国戦没者追悼式の式辞で、90年代以降の歴代首相が表明してきたアジアへの加害責任に触れなかった。

 もし、「安倍談話」が式辞のように戦争責任を素通りしてしまったら、どうなるか。

 村山談話は、植民地支配と侵略によってアジアの人々に多大の損害と苦痛を与えたと認め、痛切な反省とおわびを表明。以後、安倍内閣まで引き継がれてきた政府の歴史認識の決定版であり、近隣諸国との関係の礎となってきた。その価値を台無しにすることは許されない。

 「未来志向」がいけないというのではない。だが、過去と真剣に向き合ったうえでのことでなければ、被害を受けた側からは「過去は忘れようと言っているのか」と受け取られるおそれがある。

 首相はかつて「村山談話はあいまいで、歴史的価値は全くないと思うが」との自民党議員の国会質問に、「侵略の定義は定まっていない」と応じて批判を浴びた。「歴史認識については歴史家に任せるべきであろう」とも繰り返している。

 史実の研究は歴史家に委ねるにしても、政治家が「あの戦争は何だったのか」という大局的な歴史観を持たずに、内政や外交のかじ取りはできない。

 政府は談話づくりにあたって有識者の意見を聴くというが、まずは首相が歴史観を示し、国会で論じることが不可欠だ。

東京裁判でのけじめ

 日本は1951年のサンフランシスコ講和条約で東京裁判を受諾し、主権を回復した。戦争責任をA級戦犯に負わせる形で国としてのけじめをつけた。この事実は否定しようがない。

 首相は一昨年暮れ、A級戦犯が合祀(ごうし)された靖国神社に参拝した。昨春には戦犯として処刑された元日本軍人の法要に自民党総裁名で追悼文を送った。

 東京裁判には「事後法による勝者の裁き」との批判がある。その側面はあるにせよ、日本人だけで310万もの犠牲を招いた惨禍だ。責任を不問に付すなど、できるはずもなかった。

 首相に喝采を送る人たちがいる。しかし、首相の行為は単なる追悼の意味を越えて、様々な思いをのみ込みながら「けじめ」を受け入れてきた人たちをないがしろにするものである。

 長年、戦争責任をテーマに研究を続けてきている明治大学特任教授(東大名誉教授)の大沼保昭氏はかつてこう書いた。

 戦争責任の問題は、明治以来見事な近代化を成し遂げ、戦後の焼け野原から奇跡の経済発展と平和で安全で平等な社会を創り上げた日本が、「それでも過ちも犯したんだよ」と自己反省するまたとない材料である。過ちを犯したからといって卑屈になる必要はない。過ちを犯さない国家などというものは世界中どこにもないのだから。しかし、過ちを犯さなかったと強弁することは自らを辱めるものであり、私たちの矜持がそうした卑劣を許さない。(「日本の戦争責任と戦後責任」)

 このところ政界でも社会でも、東京裁判を全否定したり、旧軍の行為をひたすら正当化したりする声が大きい。まるで、大日本帝国の名誉回復運動のように。

 戦前・戦中のすべてが悪いわけではないし、「いつまで謝り続ければいいのか」という反発が背景にあるのかもしれない。

誇るべきはいまの姿

 だが、私たちが重きを置くべきはそこではないだろう。海外での武力行使や武器輸出はせず、経済の力で途上国を援助する。これまで積み重ね、国際社会に高く評価されている平和主義の歩みこそ、日本は誇り、守っていかねばならない。

 戦争責任を直視することは、父や祖父たちをおとしめることにはならない。平和主義を確かなものにすることは、むしろ先人の期待に応える道だ。

 うわべだけの「帝国の名誉」を叫ぶほど、世界は日本の自己欺瞞を見て取る。この不信の連鎖は放置できない。断ち切るのは、いまに生きる者の責任だ。

<おわび>

 1月3日付の社説「日本人と戦後70年 忘れてはならないこと」で、故・井上ひさし氏が書いたものとして引用した文章は大沼保昭氏の論文が出典であることが判明しました。該当部分を、【旧】から【新】に差し替えます。

 引用した井上氏の著書は、井上氏が亡くなった後の2013年に白水社から出版されました。井上氏が作劇過程で書き残していたメモや資料をまとめたもので、引用箇所は03年8月4日に演劇プロデューサーとの打ち合わせにあたり井上氏から示された、〈「夢の泪」作者・心おぼえ なぜ戦争責任か〉と題するメモの中の一節です。

 社説掲載後、引用文の表現は、東大教授だった大沼氏が『国際問題』(日本国際問題研究所)01年12月号に発表した論文「日本の戦争責任と戦後責任」の一節とほぼ同じであるとの指摘が大沼氏からありました。この論文は、大沼氏の著書『東京裁判、戦争責任、戦後責任』(東信堂、07年)に収められています。

 これらの経緯から引用は大沼氏の論文が原典だったと判断されます。

 引用を井上氏の文章として紹介したことは不適切でした。訂正しておわびします。

 この件について、発行元の白水社は、同社のホームページ(www.hakusuisha.co.jp)に「『初日への手紙』に関してのお詫び」を掲載し、重版の際には該当ページに、大沼氏の論文を引用した文章であるとのただし書きを付ける措置を取るとしています。

<新旧対照文>

 【旧】

 あの戦争を問い続けた劇作家の故・井上ひさしさんは、東京裁判には問題が多いと認めたうえでこんな言葉を残している。

 戦争責任問題は、明治以来みごとな近代化を成し遂げ、戦後の焼け野原から奇跡の経済発展と平和で安全で平等な社会を築き上げた日本が、「それでも過ちも犯したんだよ」と自己反省するまたとない材料なのです。過ちを犯したからといって卑屈になる必要はない。過ちを犯さない国家などというものは世界中どこにもないのだから。しかし、過ちを犯さなかったと強弁することは自己欺瞞(ぎまん)であり、自らを辱めることでもある。

 (『初日への手紙 「東京裁判三部作」のできるまで』)

【新】

 長年、戦争責任をテーマに研究を続けてきている明治大学特任教授(東大名誉教授)の大沼保昭氏はかつてこう書いた。

 戦争責任の問題は、明治以来見事な近代化を成し遂げ、戦後の焼け野原から奇跡の経済発展と平和で安全で平等な社会を創り上げた日本が、「それでも過ちも犯したんだよ」と自己反省するまたとない材料である。過ちを犯したからといって卑屈になる必要はない。過ちを犯さない国家などというものは世界中どこにもないのだから。しかし、過ちを犯さなかったと強弁することは自らを辱めるものであり、私たちの矜持がそうした卑劣を許さない。

 (「日本の戦争責任と戦後責任」)

関連ニュース