[PR]

 過激派組織「イスラム国」による人質事件の影響で、サッカーくじのtotoを販売運営する独立行政法人・日本スポーツ振興センター(JSC)が、28日から「10億円BIG」のテレビCMの放映を中止していたことがわかった。

 テレビCMに、人質となっている後藤健二さんと名字が同じ読みの「五島(ごとう)」という人物が登場するほか、「締め切り迫る」などの文言が事件を連想させると判断したため。担当者は「まったくの偶然だが、情勢に配慮した。センターの判断で取りやめた」と話した。