[PR]

 過激派組織「イスラム国」から逃れた避難民が身を寄せるシリア北部アレッポの大学寮。そこで出会った10代半ばの少年は、故郷での体験を語るうちに震え始めた。

 「二度と帰りたくない」

 アレッポの北東約90キロにある人口約10万人の町マンビジュから、家族と一緒に逃げてきた。

 半年ほど前、銃を持った「イスラム国」の戦闘員が自宅に押し入ってきた。子どもは皆、町中心部の広場に集まるよう命じられた。

 男女約200人の子どもたちが広場に並ばされた。子どもたちの前には、30代半ばの女性が首から下を土に埋められていた。

 戦闘員の一人が「この女はニカブ(目だけを出すベール)を着ることを拒否した。これからその罰を受ける」と声を張り上げた。戦闘員が女性に向けて次々石を投げた。

 思わず目を背けようとすると、銃を向けられた。最後まで「処刑」を見続けるよう強いられたという。

 シリア北部ラッカを「首都」と称し、一方的に国家樹立を宣言する「イスラム国」。支配地域では、極端なイスラム法の解釈に基づき、市民の「処刑」や投獄を続ける。街中で写真を撮るだけで「スパイ行為」とみなされるという。

 実態を探るため、支配地域との間でバスの運行が続く北部アレッポへ、首都ダマスカスから向かった。

 情報を精査して移動経路に「イ…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら