[PR]

 県東部出身者や在住の30歳を集めた交流パーティー「第3回三十祭」が2日、鳥取市内のホテルであった。「鳥取三十路(みそじ)の成人式」と題し、1984年度生まれの男女約140人が参加。旧交を温めたり、近況を報告しあったりした。

 職場や地域を支える年代となり、「鳥取を盛り上げる契機になれば」と2年前に始まった。今年は鳥取市の深沢義彦市長を招き、地域活性化の意見交換会もあった。「サーファー向けに海辺の駐車場やシャワー施設の整備を」「児童手当の支給額を増やしては」などの提案があり、深沢市長は「(支給の増額より)保育料や医療費の低減など総合的な対策が必要」などと応じた。

 実行委員を務めた市内の美容師大西宏治さん(30)は「毎年開催するよう、後輩たちに引き継ぎたい」と話した。(古源盛一)