「ひめゆり学徒隊」の生き残りとして戦争体験を語ってきた元ひめゆり平和祈念資料館副館長の宮城喜久子(みやぎ・きくこ)さんが昨年12月31日、卵巣がんのため那覇市内の病院で死去した。86歳だった。葬儀は4日午後4時から、沖縄県浦添市勢理客(じっちゃく)3の11の2のフェニックスホール玉泉院で営まれる。喪主は次男淳(じゅん)さん。

 45年、沖縄県立第一高等女学校在学時に沖縄師範学校女子部の生徒らとともに「ひめゆり学徒隊」に動員され、負傷兵の看護にあたった。学徒隊は沖縄戦終盤、沖縄本島南部に追い詰められ、米兵の銃撃や自ら爆発させた手投げ弾などで生徒・教師240人のうち136人が命を落とした。

 戦後は県内の小学校で教員として勤務。84年から戦争体験を語る活動を始め、89年の資料館開館に中心的にかかわった。資料館の副館長や、館を運営する財団の理事にも就いた。「ひめゆりの少女 十六歳の戦場」(高文研)の著書もある。

 遺族によると、一昨年から病気…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら