[PR]

 フグの取扱量日本一を誇る山口県下関市の南風泊(はえどまり)市場で4日未明、新年の初競りがあった。仲買人が筒状の黒い袋の中に代わる代わる手を入れ、競り人の指を触って値を伝える「袋競り」で、対馬沖の日本海や瀬戸内海でとれた天然トラフグが次々と競り落とされた。

 この日の天然物の入荷量は、年末年始の悪天候の影響で、去年の3分の1程度の1・1トン。最高値は1キロ当たり1万5千円で、去年を2千円上回った。市場を運営する下関唐戸魚市場の原田光朗(こうじ)社長は「これから身が締まって脂がのる。下関のフグの素晴らしさを自信を持ってPRしたい」。フグは主に東京や大阪方面に出荷される。(上山崎雅泰)