中国国営新華社通信によると、何振梁さん(ホー・チェンリアン=中国オリンピック委員会名誉会長)が4日、北京市内の病院で死去、85歳。

 国際オリンピック委員会(IOC)副会長などを歴任し、中国初の五輪開催となった08年の北京五輪の招致に貢献。日本のスポーツ界や日中友好団体などとも交友関係があり、90年の北京アジア競技大会では、開幕式で日中合同の1400人規模の太極拳演武を呼びかけ、実現させるなどした。(北京)