[PR]

 5日午前8時10分ごろ、新潟市西蒲区打越の北陸自動車道上り線で普通乗用車が逆走し、別の普通乗用車に正面衝突した。逆走車を避けようとして、少なくとも6台が中央分離帯などにぶつかり、正面衝突した2台の運転手を含む計3人が打撲などの軽傷を負った。

 県警高速隊によると、逆走車を運転していたのは、新潟市西区に住む20代の会社員男性。約10キロ逆走していたとみられ、新潟西ICから中越地方への出勤途中で「普通に走っているつもりだった」と話しているという。隊は逆走した原因を調べている。

 事故の影響で、新潟中央ジャンクション~三条・燕IC間の上り線が約3時間40分間、通行止めになった。