[PR]

 水木しげるロードと水木しげる記念館の入り込み客数について、境港市は5日、昨年1年間の状況を発表した。水木ロードは5年連続で200万人を突破したが、前年を約51万7千人下回り、水木記念館も開館からの入館者が300万人を超えたものの前年比約5万5千人の減だった。

 市通商観光課などによると、水木ロードは231万9537人で前年比51万6992人減。当初は250万人を見込んでいた。ピークの372万4196人(2010年)と比べると約140万人少ない。年末年始(12月28日~今月3日)は4万9807人で、前年より2万2543人減った。

 水木記念館は前年比5万4944人減の20万4425人。入館者が300万人を超えたのは昨年12月20日で、開館は2003年3月。

 同課では、出雲大社の「平成の…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら