[PR]

 トヨタ自動車は6日、世界初の市販を先月始めた燃料電池車(FCV)の関連の特許約5680件を無償で提供する、と発表した。他の自動車メーカーの参入を促し、FCVの普及を後押しする狙いだ。

 トヨタが単独で持つ燃料電池関連の特許すべてが対象。燃料の水素と空気中の酸素を化学反応させて電気をつくる基幹部品「スタック」関連の約1970件や、高圧の水素をためるタンク関連の約290件などを含む計約5610件について、FCVの導入期と想定する2020年末まで無償で提供。水素ステーション関連の約70件は、期間を限らず無償とする。米ラスベガスで現地時間6日から世界最大の家電ショー「CES」が始まるのに合わせて発表した。

 トヨタは、ハイブリッド車(HV)では、関連特許を有償でマツダや富士重工業などに提供してきたが、FCVの市場拡大のためには、特許を無償で提供し、他のメーカーの参入を促すことが必要と判断した。

 トヨタは先月、FCV「MIR…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも