[PR]

 目を細め笑っているような表情に見えるヒツジが神戸市灘区の市立六甲山牧場で評判を呼んでいる。その名もスマイルちゃん。「315」と書かれたオレンジ色のタグが耳についた、生後10カ月のメスだ。

 一度のみ込んだ草を口に戻す反芻(はんすう)の際の表情が笑顔に見える。牧場によると、年賀状の写真撮影に訪れた来場者がインターネット上で広めたといい、来場者数も12月中旬から前年と比べ約1・5倍に。この人気にあやかり、飼育員が命名した。

 牧場には約150頭のヒツジが飼われているが、スマイルちゃんの笑顔はとびっきり。「寒さも吹き飛ぶぽっかぽかの笑顔です。確かめに来て」と牧場職員。(江向彩也夏)