[PR]

 菅義偉官房長官は6日の記者会見で、安倍晋三首相が今年、戦後70年の節目に合わせて発表する首相談話について「首相と相談しながら有識者を選定する。日本はどのような国になっていくのか、世界に発信できるよう英知を結集して考えたい」と述べ、有識者会議で内容を検討する考えを改めて示した。

 米国務省のサキ報道官が、植民地支配の反省とおわびを表明した村山談話と慰安婦問題の反省と謝罪を盛り込んだ河野談話を、戦後70年の首相談話でも引き継ぐことが好ましいと指摘したことに対しては、「安倍内閣としては村山談話を含めて歴史認識に関する歴代内閣の立場を全体的に引き継ぐと言ってきている。日本の歴史認識は米国にも説明し、米国も十分理解しているだろう」と述べた。

こんなニュースも