[PR]

 広島市の安佐動物公園で、うさぎによく似たケープハイラックスの赤ちゃんが昨年末に4匹誕生し、ベビーラッシュが始まっている。オナガザル科のマンドリルの「年の差カップル」も。久しぶりのベビー誕生が期待されている。

 「赤ちゃんは手のひらサイズなんです」。飼育員の栗原龍太さん(46)はうれしそうに話す。ケープハイラックスはアフリカやアジアに生息し、40センチ前後まで大きくなるという。指の数がアフリカゾウと同じで、ゾウと同じ祖先をもつと言われている。

 「現在も2~3匹のメスのおなかが大きく、妊娠しているのでは」と栗原さん。妊娠していた場合、出産は1月末ごろまで続きそうだ。昼間に生まれることもあり、来園者が出産シーンを見られる可能性もあるという。

 一方、別の飼育員によると、「…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら