[PR]

 米カリフォルニア州で、レストランでの提供が禁止されていた世界3大珍味の一つフォアグラが7日、解禁された。その作り方が残虐だとして2012年以来、州法で禁じられていたが、米連邦裁判所が同日、この州法は「違憲」だと判断した。

 地元のロサンゼルス・タイムズ紙などによると、連邦裁は、州法はフォアグラの生産を認める家禽(かきん)食品に関する連邦法を妨げるものだ、との判決を出した。フォアグラ生産者やレストランの団体が、禁止の撤回を求めて訴えていた。

 地元紙は「今晩のメニューから、フォアグラを出せる」「料理の自由が戻った」と喜ぶフランス料理のシェフたちの声を紹介している。判決直後に、「フォアグラがメニューに戻った」と常連客にメールを送ったシェフもいるという。

 州法は、カモやガチョウに強制的にえさを詰め込む飼育法が「残虐」との動物愛護団体の支援を受けて成立し、12年7月から施行されていた。(ロサンゼルス=平山亜理

こんなニュースも