[PR]

 外食大手ワタミは8日、子会社の宅配弁当に金属製のネジが混入していた、との苦情が寄せられていたことを明らかにした。ワタミは製造過程で入った可能性は低く、第三者による意図的な混入の可能性もあるとしている。

 苦情は昨年10月31日、中四国地方に住む購入者から寄せられた。「まごころおかず」という弁当のなかの豚肉の煮込み料理を口にした際、気が付いたといい、健康被害は出ていないという。ネジは長さ12ミリ、直径3・5ミリ。弁当をつくった山口県岩国市のワタミグループの工場にある製造ラインには、同様のネジは使われていないという。