[PR]

 放送倫理・番組向上機構(BPO)の青少年委員会は8日、テレビの深夜番組における性的表現について、放送各局が速やかに議論することを求める汐見稔幸委員長のコメントを発表した。

 委員会には関東や関西の独立局で深夜に放送された音楽バラエティー番組「竹山ロックンロール」について、「若手男性芸人が裸で抱き合ったり、わいせつな行為を繰り返したりしていた」と視聴者の意見が寄せられ、番組を見て討論してきた。

 委員会では深夜における性的表現の基準が明確には存在しないことを問題視しながら、番組を審議して性的表現の基準を出すことには慎重でありたいとして、各局が放送の公共的責任についての自覚を持ち、自ら性的表現のあり方について議論するように求めた。