[PR]

 鹿児島市の平川動物公園は8日、雌のコアラ、ハヅキ(10歳5カ月)が7日午後5時過ぎに死んだ、と発表した。死因は悪性リンパ腫とみられる。

 ハヅキの父はココア、母はジュリ。2004年8月に同園で誕生した。09年に約3カ月間、神戸市の王子動物園で過ごした以外は、ずっと平川動物公園で暮らした。

 昨年暮れに鼻から出血。血液検査の結果などから悪性リンパ腫と診断し、治療してきたが、回復しなかった。コアラの平均寿命は10~12歳とされており、ハヅキは人間でいえば80歳ぐらいにあたるという。

 ハヅキの死に伴い、同園のコア…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら