[PR]

 沖縄県内のマクドナルド2店舗で商品に異物が混入しているとの苦情があったことが、県などへの取材でわかった。

 県と那覇市によると、昨年11月16日、北谷(ちゃたん)町の店舗が販売したチキンエッグマフィンに長さ8ミリのプラスチック片が入っていた。昨年12月17日に那覇市の店舗で売られたダブルチーズバーガーには、長さ約3センチの発泡スチロール状の異物が入っていた。いずれも健康被害はなかったという。