[PR]

 あすの阪神大震災20年を前に、阪急西宮北口駅(兵庫県西宮市)の北側を歩いた。37年前、5歳まで住んでいた街だ。

 震災の翌年、入社1年目でこの駅に立った時の衝撃は忘れない。幼い頃、母に連れられて通った商店街は壊滅し、至る所が空き地になっていた。物心ついてからは関東で暮らし、どこか「よそごと」だった震災が、にわかに身近になった。

 いま歩いても、当時をしのばせる痕跡は見あたらない。だが目をこらすと、比較的新しい家が目立つことに気づく。

 この地域では多くの家屋が倒壊…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも